クレジットカード現金化業者を利用しないで、現金化できる?安全性は?

現金化業者を使わなくても、現金化は可能です。
業者を使わない一番のメリットは、業者側に手数料を払わなくて点です。
一方で、現金化業者を使わないと、かなり手間を要します。
そこで、今回は、クレジットカード現金化業者を使わずに、現金化を行った場合のメリット・デメリットを解説します。
クレジットカード現金化業者を使わずに現金化する方法

クレジットカード現金化業者を使わない現金化の代表例

個人で現金化を行うには、どんな方法があるのでしょうか?まずは、代表的な現金化の方法を紹介します。

自分で商品を購入し転売

商品の選定から購入、転売まで自分で行います。
購入先、転売先は、実店舗・ネット(メルカリやヤフオクなど)と、自由に選べます。

食事会(飲み会で)カード清算

食事会の支払いをクレカで行い、参加者から現金を徴収する方法。
食事会のセッティング、参加者から現金を徴収しカード払いをする、など、不確定要素が多いので、狙って現金化は難しいかもしれません。

個人で商品購入~転売のメリット・デメリット

個人での現金化を行う際に考えられる、メリット、デメリットを紹介します。

個人現金化のメリット

個人現金化の最大のメリットは、業者に手数料を支払わなくていい点です。
上手くいけば、サイト利用時よりも、多く現金を調達することができます。

個人現金化のデメリット

最大のデメリットは、手間がかかることです。
個人で現金化を行う場合、高額で転売できる商品を自ら選ぶ、購入、転売の手続きをしなければいけません。
高く買取を行う店舗まで足を運ぶ、ネット販売の梱包や発送など、時間(手間)がかかるので、即日に現金化を行うのはかなりの労力です。
また、転売額次第では、損をしてしまうこともあるので、要注意です。

まとめ:現金化業者を使わない現金化も可能だが、かなり手間がかかる

クレジットカード現金化業者を利用せずに、現金化は可能です。
ただ、かなり手間がかかります。
また、業者利用時の手数料を差し引いても、損をする可能性があります。
確実に現金化を行いたい場合は、現金化のプロフェッショナルである、現金化サイトにお願いすることがオススメです。