クレジットカード現金化は闇金なの?

クレジットカード現金化を利用しようか検討している人の中には、クレジットカード現金化業者は闇金なんじゃないのかと疑問に思うかもしれません。
実は現金化業者を利用するのは闇金とは違い違法性がないのです。
ただ、クレジットカード会社では現金化については禁止されているので、一般的にはグレーゾーンにあたると言われています。

クレジットカード現金化には違法性がない

闇金は借金を作ったりしてしまった場合に高い金利を支払わなくてはいけなくなったり、いろいろなトラブルに巻き込まれてしまったりすることがありますが、クレジットカード現金化は違法性がないですし、高い金利を支払うようなこともありません。
ただ、クレジットカード現金化はクレジットカード会社で禁止している行為のため、バレた場合はクレジットカードが利用停止になってしまうリスクがあります。
闇金とは違いますがリスクがあることは確かなので、現金化するときには、クレジットカードの限度額を全て使わないようにしたり怪しまれないような対策もするとよいでしょう。

闇金ではないけど悪徳業者も存在する

クレジットカード現金化は闇金ではないですが、悪徳業者も存在していて、実際に被害に遭ってしまった方も多数います。
悪徳業者を利用してしまうと換金率がとても低かったり、クレジットカードを悪用されたりしてしまうので注意が必要です。
悪徳業者に引っかからないためにも優良業者を選ぶことが大切です。
ネットで人気があり、口コミや評判がよい優良業者は換金率も高かったり、スムーズに取引できるので、ネットでしっかり調査して安心できるクレジットカード現金化業者を選ぶようにしましょう。

クレジットカード現金化業者を利用する注意点

クレジットカード現金化業者を利用する注意点としては換金率がどのくらいであるかや、手数料がどのくらいであるかが重要になります。
換金率が90%と書いてあっても手数料を引かれたら実際は70%くらいの換金率になってしまったという場合もよくあります。
思っていた金額よりも少ない金額が振り込まれていたらガッカリしてしまいますよね。
そこで、クレジットカード現金化業者を利用するときには手数料などを引いて実際にいくら受け取ることができるのかよく確認して納得してから利用するようにしていきましょう。

現金化を利用するときにはリスクも考えよう

クレジットカード現金化は闇金ではありませんが、それなりにリスクもあります。
クレジットカード会社が禁止している行為なのでバレてしまったらクレジットカードが利用停止になってしまう恐れもあります。
また現金化しても結局、支払いが後であるため、支払いが大変になってしまうというリスクもあります。
そのため、支払いのためにまた、現金化を利用するという悪循環に陥る場合も多いです。
リスクを考えて本当に利用すべきかどうかよく検討することが必要です。

まとめ

クレジットカード現金化は闇金でもなければ違法性もありません。
ただ、それなりにリスクはあります。
また悪徳業者も存在するため優良業者をしっかり選ぶ必要があります。
急に現金が必要で困ってるときには頼りになる存在でありますが、本当に利用が必要であるのかどうかや、支払いは大丈夫かどうかよく考慮してから利用するようにしましょう。